社労士のCDはオークションで買わないように!?

社労士, CD, オークション

社労士のCDを買うと決心したら、通常はその販売元に直接問い合わせをするものです。
電話やFAXを使ったり、またはEメールを使ったりしますし、インターネット上にはその販売元の オフィシャルサイトもありますし、またあちこちにECサイトがありますから そこらから申し込むことも簡単にできますね。

ところで、まったく販売元とまったくかかわりのないサイトでも 社労士のCDが見つかることがあります、つまりオークションサイトのことです。

オークションでは出品者は原価よりも安く出品するのが普通です。もしかしたら1円くらいで最初 出品してくるかもしれません。
オークションでだったら、ものすごく安く社労士のCDを落札できるチャンスもありそうですね。

しかし、これはちょっとおすすめできる態度ではありません。
オークションで社労士のCDを買うとなぜいけないのでしょうか。

①事故や詐欺のリスクがつきまとう
オークションサイトは、手を尽くしてトラブルを防止しようとしていますが、それでも品物が届かない、 または写真とは違った品物が届く、といった具合にちょっとした事件が絶えませんね。
時間や予算を無駄にする恐れがある以上、オークションによさそうな社労士のCDが出品されていても 手を出すべきだとはいえません。

②CD以外のものがついてこないことも
他人が使っている以上、CDがいつのまにか傷ついているようなこともありえますし、 CDと同封の教科書や問題集等が全部あるとは限りません。出品者がそれを事前に告知していればそれを 了承のうえで買うわけですが、全部が揃っていないと学習の効果は半減してしまうでしょう。

③内容が古くなってしまう
その年に発行された最新のものがすぐに出品されていれば別かもしれませんが、そうでないなら 内容が古くてその年の受験に向いていないことになります。たった1年前のものでも、直近の試験のための勉強に 向いているとはいえません。前回の試験の結果を加味したCDと教材でないと役に立たなくなります。

オークションで社労士のCDを買うことは①~③のような理由から、賢明なチョイスだとはいえません。
社労士のCDは、オークションからではなくあくまでも新品で、それも最新版として入手するべきです
安く買えそうでも、必ず最新のCDと教材を、販売元から直接手に入れるようにしてください。