社労士のCDと、DVDのような映像の組み合わせ

社労士, CD, 映像

社労士のCDは、原則として「音声型」の教材とみなすべきでしょう。CDといっても、CD-ROM等の場合ならそうではないこともあります。ようするに、「映像型」の教材として配布されていることも、たまに見かけます……ただし、ロングセラーになった成功例はきわめて限られているようですが。

では件の「映像型」の社労士の教材については、どう捉えたらよいでしょうか? 

映像型の社労士の教材は、CD-ROM等ではなくてもっと専用の媒体が主流です。早い話DVDのことですね。
あるいは、ネット経由での提供も行われています。今は通信速度がすさまじく急速なため、動画を配信することも簡単なのです。

これらの映像の特長はいうまでもなく「講義を耳から聴くだけでなく、目で見ることも可能」なこと。講師の姿を見られるだけならたいしたことだと思えないでしょう。しかし、講師が板書する内容、あるいはテキストや問題集の該当ページのクローズアップ等が入るのですから、わかりやすさは格別です。

もっとも、映像型の教材には弱点があります。それは「CDと比べてかさばりやすい」という事実です。CDだったらプレイヤーもコンパクトで済みますが、DVDやネットの動画となると、プレイヤーも大きく重くなりがちですね(スマホやタブレットで再生できるようになってはいるのですが)。

こういった事情を踏まえると、外に持っていく教材としてはCDに分があるでしょう。実際に、CDを外によく持っていく教材に選び、DVDを自宅での再生用にして成功した社労士合格者が各地にいます。

※もうひとつ補足しましょう。
 DVDで、目と耳から学んだ内容を確実に頭にインプットするために、CDを使いまくるという学習法があります
 実はある程度覚えた内容であれば、ただCDを流してその内容をまたリスニングするだけでも、かなりの記憶効果が出るという報告例があります。
 この場合は「家事をするかたわらでCDを流す」といった、あまり集中してリスニングしていない状況下でも、それなりの効果が出る可能性があるのだとか。簡単ですから、一度やってみる価値はありますね。