社労士の音声講義は“読みながら聴く”で文字をインプット

社労士, CD, 音声学習

このページでご紹介するのは、社労士CD講義の最もスタンダードな受講の仕方です。

とはいえ、受験対策のポイントを語る上では、やはり“学習の基本形”としておさえておくべきですので、今一度確認してみてください。

「テキスト読み→テキスト読み+CD聴講→テキスト読み」のサンドウィッチ作戦が◎

社労士CD講座を受講する際は、タイトルの通りの流れで取り組むのが効果的です。

①テキストを読む

まずは学習範囲を予習する意味合いで、テキストをひと通り読みます。その際、よく分からない箇所や難しいと感じられる用語をチェックしておくと、解説講義を聴講する際に意識できるのでオススメです。

②テキスト読み+CD聴講

初めての単元をCD聴講するときには、必ずテキストを開いて内容に目を通しながら聴くようにしましょう。

テキストとCDを別々に使ってしまうと、イマイチ解説の流れが掴めなかったり、何となく分かったつもりで終わってしまったりと、あまり良い効果はありません。

社労士CD講座では、あくまでテキストの流れに沿って講義が進んでいきますから、テキストの内容をなぞりながら聴いていくのが得策です。

もちろん、2回目以降の聴講は、テキスト無しでさくっと終わらせることもできます。こちらでご紹介しているのは、あくまで「初めての講を学ぶ際」のやり方です。

③テキスト読み

CD聴講が終わった3日後を目安に、もう一度テキストを読みます。少し間が空いたタイミングで復習するのが、知識定着に役立ちます。

CD聴講からあまり時間が経過しすぎてしまうと、思い出すためにまた一から該当箇所の学習をやり直す必要が出てしまうので要注意です。

その後、「定期的にテキストを読んで復習する」「理解が不十分な箇所はCDを繰り返し聴講する」といった復習を心がけましょう。

以上、社労士CD講座の基本的な受講手順をご紹介しました。意外と忘れがちな予習復習に注力しながら、丁寧な学習を目指しましょう!